大野城市築16年、4LDK戸建<駐車場増加により、高額売却実現!>

大野城市築16年、4LDK戸建<駐車場増加により、高額売却実現!> 以前、お取引した大野城市にお住いのR様。 ご相談があり、訪問したところ、賃貸していた築年数16年の戸建が空き家に なり、クロスの貼り替えやハウスクリーニングなどの簡易リフォームをして、 賃貸募集をしていたが、9ヶ月以上、入居者が入らなくて困っているので、 売却したいとのこと。 不動産の調査を実施、建物診断(インスペクション)を実施しましたが、 大きな問題はなかったので、ご報告と下記提案をしました。 建物はこのままで問題ないので、インスペクション内容は開示すること。 駐車場が縦列で2台駐車できるのですが、多少造成すれば並列に3台駐車で きるようになるので、見積り取得してはどうか。 ②の案で、見積りを取得すると、80万円の工事で取引完了後の支払いで良いと いう業者さんに依頼して、工事完了後、駐車場4台の戸建として売却開始。 事前の市場調査で駐車場が4台駐車できる戸建というのが、近隣になく、 大野城市周辺では、2台以上駐車場を希望される購入希望者の方が多いことは、 大野城市、春日市を中心に活動する未来テラスでは、社内で情報共有している データでした。 この「駐車場4台可能作戦」が大当たりして、連日、お問い合わせの電話が 鳴り止みませんでした。 程なくして、2週間で7組のご案内が入り、契約が終了しました。 地域にもよりますが、駐車場は多ければ多いほど、メリットになることが多い です。 不動産売却は、事前にしっかりと不動産調査をして、リスクを洗い出し、 購入希望者に最初に情報開示することと、立地や物件の長所をいかに作るかが ポイントになることが多いです。 何をセールスポイントにして、いくらで売却活動をスタートするかを エージェントと打ち合わせして売却活動を始めるのが大事なポイントに なるのです。 内訳:(大野城市の戸建 築16年 4LDK) 新築時購入金額:3,700万円 購入時諸経費 :約200万円 購入必要資金計:3,900万円 頭金:1,000万円 ローン2,900万円(奥様の退職金で完済済み) 売却時査定額:2,250万円 売却開始価格2,498万円→売買金額2,498万円 ローン残債:0万円(35年固定金利:2.9% 完済済み) 売却諸経費:外構工事:80万円(税込)       インスペクション費用:6万円       仲介手数料 2,498万円×3%+6万円×消費税8%=874,152円       印紙代   1万円       抵当権抹消費用(一括繰上げ返済費用含む)なし       売却諸経費計:1,744,152円 手残り:2,498万円-1,744,152円=23,235,848円 税金:売却金額が購入金額より低いため、なし。 その他、火災保険解約の解約戻し金(約30万円)あり、保証料返戻金はなし。