「買取査定」と「仲介査定」の違い

不動産の査定について 不動産の査定について

買取査定と仲介査定の違い、知ってる? 買取査定と仲介査定の違い、知ってる?

イラスト付きの解説で確認する イメージ 動画で確認する
イラスト付きの解説で確認する 動画で確認する

買取査定について 買取査定について

「買取査定」をする会社は、不動産を買取後、リフォームして再販売することが目的ですので、
買取時・売却時・リフォーム時に経費や税金がかかります。
よって、買取価格は相場価格の60~70%になることが多いです。

メリット/即現金化できる(早く売れる) デメリット/売却価格が相場の金額より安くなる

買取査定のポイント 買取査定のポイント

イメージ

買取会社が直接買主になり、いくらで購入するかを提示するので、少しでも高く売る為には、たくさんの会社に依頼をする方が良い。
例:バイクや車、家具などの買取会社

仲介査定について 仲介査定について

「仲介査定」は、不動産仲介会社が近隣の成約事例、路線価、物件の特徴をポイント化し、査定物件と比較をすることで、売却開始価格の「指標」となる価格を提出します。

路線価や成約事例などを利用して作成するため、通常はどこの不動産会社が作成してもあまり査定価格に差はないのですが、極端に高い査定価格を提出する会社は要注意です!

売却の依頼を受けたいが為に、意図的に情報操作する場合がありますのでご注意ください!

買取査定について 買取査定について

イメージ

不動産売却は成功するのも失敗するのも媒介契約を結んだ不動産会社次第です。
つまり、不動産売却を依頼する会社は売主様の代理人として販売活動を実施するので、不動産会社選びが最重要です!

動画で買取査定と仲介査定の違いを確認しよう! 動画で買取査定と仲介査定の違いを確認しよう!

お電話でのお問い合わせ・売却のご相談はこちらから! 092-589-0555 受付時間 9:00~18:00 定休日:水曜日