不動産取引の5つの価格とは

不動産取引の5つの価格について

不動産取引の5つの価格って何だろう?

不動産取引の5つの価格について

不動産取引の5つの価格とは?

不動産取引の5つの価格とは?

不動産売却において、成功のポイントは「売却開始価格」の決定です。
売却開始後に金額を上げると、反響や案内が激減しますので、注意して下さい。

5つの価格のグラフ

①売却希望価格

売主様は少しでも良い条件で「売却したい」と考えるものです。
よって、売主様の最優先事項が「出来るだけ高く売りたい」という場合、5つの価格の中では「売却希望価格」
が一番高い金額になります。

②購入希望価格

買主様は少しでも良い条件で「購入したい」と考えるものです。
需要と供給のバランスにもよりますが、相場より安すぎると売主様が売却しないため、
「購入希望価格」=「相場価格」=「成約価格」になるケースがほとんどです。

③査定価格(相場価格)

近隣の成約事例、路線価、建物の状態や築年数、物件の特徴などをポイント化し、「査定物件」と比較することで、
「指標」となる査定価格を算出します。
「買取査定」と「仲介査定」の違い 「買取査定」と「仲介査定」の違い

④売却開始価格

売主様が所有する不動産は世界に二つとして同じものがありません。
よって、「査定価格」を指標にして、エージェントと打合せの上、売却開始価格を決定します。
売却開始価格を決めるには? 「売却開始価格を決めるには?

⑤成約価格

売主様と買主様の条件交渉がまとまり、売買契約が成立した価格(売却価格)です。

不動産取引の5つの価格のポイント

不動産取引の5つの価格のポイント

ポイントキャラクター

5つの価格の特徴をよく理解し、「指標」となる「査定価格」を参考に、
エージェントと「売却開始価格」を決定しましょう!

動画で不動産取引の5つの価格について確認しよう!

動画で不動産取引の5つの価格について確認しよう!

お電話でのお問い合わせ・売却のご相談はこちらから! 092-589-0555 受付時間 9:00~18:00 定休日:水曜日