「反響」と「案内」と「不動産売買契約」の関係

「反響」と「案内」と「不動産売買契約」の関係について

「反響」と「案内」と「不動産売買契約」の関係とは?

「反響」と「案内」と「不動産売買契約」の関係について

反響数・案内数・不動産売買契約

反響数・案内数・不動産売買契約

反響数とは?

不動産会社や購入検討者からの問合せ総数です。
当然ながら、問合せが無いと「案内」は増えませんので、売れません。
まずは、徹底的に反響数を増やす活動が重要です。

案内数とは?

問合せがあった購入検討者が実際に物件を内覧に来られる数です。
過去のデータを参照すると、「反響数」の約50%程度が「案内」になっております。

不動産売買契約とは?

売主様と買主様が不動産の売買について締結される契約のことです。
売却開始価格によって、成約までの期間が大きく変わってきます。

参考例(表)
参考例(表)

良い条件で売却する為には「反響数」を増加し、1件でも多くの「案内数」が必要です。
売却開始価格を低めに設定すると「反響数」が増え「案内数」が増える為、早期売却の可能性が高まります。

逆に、売却開始価格を高めに設定すると、長期間売れなくなる可能性が高まります。
目安は月に5件の「案内数」が達成出来ない場合、市場から高いと思われている場合が多いので、担当エージェントと相談して、対策を打ちましょう!

「反響」と「案内」と「不動産売買契約」の関係のポイント

「反響」と「案内」と「不動産売買契約」の関係のポイント

ポイント キャラクター

売却開始直後に内覧に来られる購入検討者は、
周辺状況などをよくご存知である「本命」の方である場合が多いです!

動画で「反響」と「案内」と「不動産売買契約」の関係について確認しよう!

動画で「反響」と「案内」と「不動産売買契約」の関係について確認しよう!

お電話でのお問い合わせ・売却のご相談はこちらから! 092-589-0555 受付時間 9:00~18:00 定休日:水曜日